かがわ機能性食品等開発研究会

昨日、かがわ機能性食品等開発研究会 第2回シンポジウムに出席してきました。

「分析化学を基盤にした食品の機能性解析」という題で、東北大学院農学研究科の

宮澤陽夫教授の講演、事例発表として㈱まんでがんの今川取締役が「もちムギ≪ダイシモチ≫を活用した商品開発」、かがわ産業支援財団地域共同研究部が「水熱分解を利用した未利用資源の活用」がありました。

少し難しい内容でしたが、今後の新商品開発に活かせたらと思います。

20140902_機能性食品シンポジウム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です